So-net無料ブログ作成

Language Shower in Kaosan guest house (9/14) [学習]

先日、再び京都の寺町にあるKaosanというゲストハウスに、Language Showerという
海外の宿泊者の方と話そうというイベントに再び行ってきました。

この日はドイツやイスラエル、マレーシアの方々が来ておられたのですが、
ドイツの方の英語がばくとしか聞き取れず、私自身もあまり話せないと
いう状況でした。
どうもドイツの方の発音は私には難しいような気がすると同時に、
最近英語からは慣れているせいか、急激な速度で聞き取りも落ちているような...。

その前の日のハッカソンでお会いしたポーランドの方の英語は
とても聞き取り易かったのですが...。
彼の場合は、日本語を知っているのでだいぶ違うのだろうと思います。

そんな中で、ドイツの学生さんに、ヨーロッパへ旅行した事はある?と聞かれて、
行きたいけど、まだないし、計画も今のところないと答えるとどうして
行かないの?かと。
彼らと話していて思うのが、大学を休学したり、卒業後しばらく旅行したり、
語学の上達するために、仕事として数ヶ月だけ日本に来たりと、
日本人に比べて、時間的に余裕があるような気がします。
英会話の勉強の一貫でこのイベントに参加していて、文化の違いも知る事が
できるというのは、なんとも趣のあるイベントだなあと思います。

取り合えず、こないだは、聞き取りも会話もかなり落ちていたので、
再度勉強してもうちょっと自信が着いたら、また参加しようと思います。

ふと、小栗左多里さんが書いておられた「英語ができない私をせめないで!」を
思い出しました。
英会話スクールに通われたり、書籍やラジオ等で英語を勉強された体験を書かれており、
今の状況を考えると共感できるところが多かったような気がします。


英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)

英語ができない私をせめないで!―I want to speak English! (だいわ文庫)

  • 作者: 小栗 左多里
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/04/15
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。