So-net無料ブログ作成

お茶の地域性?

昔、安倍夜郎氏のコミック「深夜食堂6巻」を読んだときに、麦茶に砂糖を入れる話が
ありました。その時はネタだと思っていました。
周りでも聞いたことがありませんでしたので。

最近、少年画報社の「ひとりごはん」というコミック雑誌に掲載されている
たかなししずえ氏のコミックにも、麦茶に砂糖を入れている下りがありました。
たかなし氏のそのコミックは、作者ご自身の子供の頃の話が元になっていることもあって、
どうも地域性があるのでは?と思い、ググってみるとまとめがありました。

・飲んでびっくり!砂糖入りの「あま~い麦茶」はあり?なし??

私は関西在住、知らないのはそうなのかもと思いつつ、お茶ってその地域色々で
面白いなあと思った次第です。

そう言えば、京都で生まれ育った人が普段普通に飲んでいる京番茶も独特だなあと。
京番茶は、京都以外の人は馴染めない方が多いようです。
関西の人でも飲めない人は飲めない。焦げ臭いとも言われます。
ウィスキー好きな知り合いには好評でした。

京都に生まれ育った私には、香ばしい美味しそうな香りです。
京番茶には、京都の人にはそれぞれお贔屓があるようで、私は一保堂さんの
京番茶が一番好きです。

一保堂茶舗

京番茶は、京都のお茶屋さんやデパートでは普通に売られていますが、
大阪などのデパートでは匂いが強いということで、お店の奥から出して来られるとか。


深夜食堂(6) (ビッグコミックススペシャル)

深夜食堂(6) (ビッグコミックススペシャル)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/09/30
  • メディア: Kindle版



ひとりごはん しあわせ丼 (ぐる漫)

ひとりごはん しあわせ丼 (ぐる漫)

  • 作者: アンソロジー
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2016/07/11
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0